2008年04月23日

簡単にできる手品の方法


簡単にできる手品の方法


最近、簡単にできる手品の方法を教えてくださいというメールがよくとどくようになったので、この場でシェアできればとおもい公開してみました。

簡単にできる手品集とかビデオなどがけっこうあるのですが、やっぱり簡単に手品ができるといっても見ている人をおどろかすような手品だとそれなりの器用差とか、コツの飲み込みなどいろんな要素が必要になってきます。ですが、やっぱ忘年会とか歓迎会、キャバクラなどでちょっとやってみたいていどでおどろかせるような手品を知りたいという方もけっこういるので、簡単にできる手品でしかも驚かれるような方法をご紹介します。例えばテレビで人気のお札にボールペンをつきさつ手品や
一円玉を曲げてしまうような手品があります。これは簡単ですが、見た目が絶大て見ている人はけっこう盛り上がってくれます。お酒が入った席での受けがめちゃくちゃいいです。たとえば、ボールペンでお札を貫通させる手品は、手品売り場でうっているグッズをつかっちゃうんですね。1000円程度でうられているので気軽にチャレンジできます。見た目がいいのでかなり見ているほうは興奮してくるので、やっていてとても気持ちがいいと評判です。簡単にできる手品だと、手先が器用なちょっとコツのいる手品をやるよりも硬貨を曲げたりとか、お札を貫通させてしまうような見た目重視の手品をやるかなりの確立て見ているほうは盛り上がってくれます。
おもちゃコーナーでは物によってはかなり安く購入できますので、忘年会やお歓迎会、などとにかく緊急でなんかやってみたいという場合にはこのような手品グッズはもってこいです。テレビでもよくやっていますが、手品の種を理解できる人は以外に少ないです。えぇ〜って感じで興奮させたいならぜひお札やコインの手品をお勧めします。
posted by マジシャン at 13:49| 簡単手品の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

簡単手品ゲーム

簡単にできるトランプマジックや手品の紹介。最近では動画での紹介もはやていますすね。トランプで代表的なのがゲームです。まずは手品を覚える前にトランプゲームでたのしみながらトランプになれることが上達の近道でジジ抜き (ジジぬき) は、ババ抜きのバリエーションルールのひとつ。

トランプ52枚(或いはジョーカー2枚を加えて54枚)の中から任意の1枚を裏向きにしたまま取り出し、そのカードの内容を最後まで確認しないでゲームを行う。基本的なゲーム進行はババ抜きに準ずる。(初期のルールではキング(→ジジ)を一枚抜いていた)

取り出されたカードと同位のカードは3枚しかないため、1組 (2枚) が捨てられると、残りの1枚は捨てられなくなる。この余った1枚が「ジジ」となる。 ゲームが終盤まで進んで、ある程度手札の枚数が少なくならないと、どのカードが「ジジ」かは分からない。

ジョーカーを使わない、または効力を持たないババ抜きのルールという点で、ババ抜きの古い形である Old Maid (クイーンを1枚抜く)に回帰したルールである。ウィキペディア
ボーリング
posted by マジシャン at 23:33| 簡単手品の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
簡単にできるマジックは管理人の体験を元に解説しております。 簡単にできるマジックをいろいろ解説しておりますので、参考にしていただければとおもいます。 マジックはいろいろな種類があり、初心者の方でもすぐにできるマジックもたくさんあります。道具をつかったものは身近にあるものでも代用できますし、マジックコーナーに行けば安く入手できますので、マジックを楽しむために数個手に入れておくとよりいっそうマジックを楽しむことができます。 当サイトのマジックがお役に立てれば幸いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。