2007年05月11日

簡単な手品カードマジックのタネ明かし

簡単な手品カードマジックのタネ明かしカードマジックで用いる用語デック 1組のトランプのこと。
パケット 数枚のカードの集まり。またはデックをいくつかに分割したもの。数枚のカードだけを使ったカードマジックをパケットトリックという。
フェイスとバック カードの表(マークと数字が書いてある面)をフェイス、反対側の裏面をバックという。
表向きと裏向き カード(デック)がフェイスが上向きになっている状態を表向き、バックが上向きになっている状態を裏向きという。
トップとボトム 裏向きに持ったデックの一番上のカードをトップ、一番下のカードをボトムという。
インデックス カードのフェイスの左上と右下には小さくそのカードのマークと数字が書いてある。この部分をインデックスという。
絵札と字札 それぞれのマークのジャック、クイーン、キングを絵札といい、それ以外のカードを字札という。字札はスポット・カードともいう。
フォア・オブ・ア・カインド 同じ数字の4枚のカード1組をフォア・オブ・ア・カインドという。
メイトカード 同じ色で同じ数字のカード。例えばハートの9のメイトカードはダイアの9である。
シャッフル デックをばらばらに混ぜること。
カット デックをいくつかのパケットに分割すること。
スプレッド デックをテーブルの上や両手の間などに広げること。
フラリッシュ 演者が技術をアピールするために行うトランプなどを曲芸のように操る技術。
ディーリング デックからカードを配ること。ウィキペディアより
簡単な手品カードマジックのタネ明かし
posted by マジシャン at 17:39| マジックのタネ明かし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
簡単にできるマジックは管理人の体験を元に解説しております。 簡単にできるマジックをいろいろ解説しておりますので、参考にしていただければとおもいます。 マジックはいろいろな種類があり、初心者の方でもすぐにできるマジックもたくさんあります。道具をつかったものは身近にあるものでも代用できますし、マジックコーナーに行けば安く入手できますので、マジックを楽しむために数個手に入れておくとよりいっそうマジックを楽しむことができます。 当サイトのマジックがお役に立てれば幸いです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。